幸福の科学とは教え施設活動映画公式サイト公式ブログ関連サイト周辺情報幸福実現党未分類
「幸福の科学」に関するネット上にあふれた情報の中から、まっとうと思えるものを集めて勝手に研究していく、未公認ブログです。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.08.21 Fri
幸福実現党の大川隆法総裁(幸福の科学総裁)の講演映像。「批判に屈しない心」(2009/8/4、ホテル金沢)の中から、「道州制の本質」に関する部分がアップされています。

「道州制はごまかしであって、国家のトップリーダーに力がないので判断権を放棄しているのが、その本質。明治以降、営々と進めてきた近代国家への強化を、幕藩体制に戻して国の力を分散させ、外国に屈従することとなる。また、役人が中央政府から移動し、増えた予算は役人の給料に変わるだけで、地方は活性化などしない。中央と地方の違いである圧倒的な情報格差と教育格差を埋めない限り、地方の発展は難しいが、地方分権になると地方が切り捨てられる。中央から現場に権限委譲することは賛成だが、地方が道州制で発展することはない」と。

テーマ:幸福の科学 - ジャンル:その他
教え    Comment(1)  TrackBack(0)   Top↑
道州制は導入するべきではないですね。
ただ市町村の合併推進はしていくべきだと考えます。
地方の格差が顕著に広がっています。
小さな自治体は何も打つ手がなく寂れていく。
合併はしたいが、住民が根強い反対をするので、できない。そういう所は多いと思います。
国も変わらなければいけないが、地方も変わらなければ墜ちるばかりでしょう。今後は我が党からも地方の議員を選出する時でしょう
2009.08.21 Fri 22:12 URL [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://hskenkyu.blog24.fc2.com/tb.php/240-df818a86
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。